面接の事前準備をしておく

面接には順序があります。

ENTRY

面接での入室マナーについて

面接の事前準備をしておく 面接には順序があります。ある程度は知っておいて対応することが、社会人としてのマナーになります。まず入室するときには、軽くドアをノックします。そして、ここで失礼しますと一声かけてから入室することになりますので、はっきりとした口調で言うことです。入室を果たすと、まず面接官としっかりと目を合わせることが大事になります。中には緊張のあまりに目を合わせない人もいますが、目を合わせることによって信頼されてきますし、無言のコミュニケーションになります。そして、目を合わせた段階で、よろしくお願いいたしますと声をかけることと、深く一礼を忘れないことです。

一礼をする時には軽い会釈ではなく深くすることになりますので、ゆっくりと落ち着いた態度ですることが大切です。そして、面接官から「どうぞおかけください」と言われてから着席するようにします。勝手に椅子に腰をかけないようにすることや、焦って目が泳がないようにすることも大切です。あがり症の人は何をやっても失敗してしまうイメージを持ってしまいますが、失敗するイメージではなく、落ち着いて着席したり目を合わせることが、安心を作っていきます。一連の流れによって面接が上手くいきます。

関連サイト